紙銭/冥銭

燃やせる紙幣 10枚入り/2500円(送料/税別)

詳しくは以下のサイトで
http://www.telomeregroup.com/Sales/meisen.html


【紙銭】【三途の川の渡し船代金が六文銭】【ご利用の事例】
【紙銭の注意事項】【法令違反に関して】【入れられる副葬品について】

『紙銭』は祖霊信仰の一種で墓前で冥銭を焚いたり、祖霊への供物として軒先で焚かれる紙幣の事。
『冥銭』は、故人様を納棺する際の副葬品として棺に入れる、紙幣の事。


硬貨(コイン)の冥銭で有名なのが!「六文銭」 これは、その紙銭版(紙幣)です。

紙銭/冥銭故人様を納棺する際の副葬品として『紙銭』というものがあります。
燃やす冥銭で有名なのが日本では「六文銭」ですが、
世界では中国、台湾、韓国、ベトナムなどでは紙幣を模した
冥銭(紙銭と呼ばれる)が使用されています。

日本のお盆と同じ様に祖霊への供物として軒先で焚かれる。
この模擬紙幣は燃やしても紙幣損傷等の法律に触れる事はありません。
また、沖縄県ではカビジン(紙銭)
あるいはウチカビ(打ち紙)と呼ばれる風習もあります。


副葬品(冥銭)として棺に入れる「あの世で困らない様に」燃やせる紙幣(紙銭)


祖霊信仰の一種で墓前で冥銭を焚いたり、日本のお盆に相当する時期に
祖霊への供物として軒先で焚かれる。

【 副葬品や決意の証 】

仏式の葬儀では、故人様を納棺する際の副葬品として
『六文銭』というものがあります。
これらの副葬品は、
「あの世でお金に困らないように」や
「三途の川の渡し賃」などの理由によって死者と共に
埋葬や火葬などされるものである。



風習としての六文銭は、現在は火葬場では、
紙にプリントした「六文銭」を頭陀袋の中に一緒に入れています。

「三途の川の渡し賃」とも言われています。

しかし、現在では、本物の六文銭や現金を副葬品として
棺に入れる事は有りません。
法律上(貨幣損傷)や設備の故障原因になる為に厳しく制限されています。

その替わり、紙にプリントした「六文銭」が一般的になっています。
「頭陀袋」の中に一緒に入れています。以下、イラスト



しかし、紙にプリントした六文銭では、いかにも忍びない・・・。
でも紙幣や硬貨は入れられない。
『三途の川で困らないように』と本物のお金を持たせようとするご家族の方もおられ ますが
実際は難しい。

本物のお金を燃やしたりすると法律違反になるので、
棺に入れて火葬する事はできません。
そこで「燃やせる冥銭(紙幣)」があります。 
無地の物や簡単なデザインの物もありますが!
やはり高額で威厳のある「肖像」や「国宝級の建物」や「鳳凰」などがある
紙幣が欲しいものです。

現行の一万円札とほぼ同じサイズ(76mm ×160mmm)
(湿気等により変化する事があります)
勿論、紙製なので燃やす事ができます。法律に触れる事はありません。
10枚入り (上質紙)

冥銭の為、デザイン等は史実と異なる場合があります。

 模擬紙幣のデザイン等は予告なく変更されます。
印刷されている文字や肖像、建物、生物等は架空の物です。
史実や現実の物とは関係ありません。
模擬紙幣なのでお金としては使えません。
この模擬紙幣を悪意で紙幣として行使すると法律に触れる事があります。

模擬紙幣のデザイン等は予告なく変更されます。
印刷されている文字や肖像、建物、生物等は架空の物です。
史実や現実の物とは関係ありません。
模擬紙幣なのでお金としては使えません。
この模擬紙幣を悪意で紙幣として行使すると法律に触れる事があります。
※この一億円紙幣は模擬紙幣の為、流通紙幣としては使えません。

詳しくは以下のサイトで
http://www.telomeregroup.com/Sales/meisen.html





販売価格
2,750円(税込)
購入数